toggle
2019-05-10

これからはYouTubeの時代なのか??

これまでにも
「2017年が動画元年だ!」
「2017年じゃなかった2018年だ!」
というような議論が動画業界ではあったのですが
5G(第5世代移動通信システム)が2020年に導入されてからが
いよいよ動画元年だといわれています。

今さら?という気もします。
起業家の間では
2014年頃からiphoneを使った動画講座が
盛んにおこなわれていました。

YouTubeは2005年にアメリカで設立されました。
2006年Googleに買収されたことにより、
検索に優位といわれ、アフィリエイターが参入しはじめました。

Facebookの利用者数は2,800万人
Instagramの利用者数は2,000万人
Twitterの利用者数は4,500万人
LINEの利用者数は7,600万人
YouTubeの利用者数は6,200万人
(チャンネル登録数は15,780チャンネル)

時代背景として、
・若者の活字離れ
・デジタルネイティブ世代 (1980年前後生まれ以降)
・なりたい職業3位
・ニュースになる過激なユーチューバー

1分間の動画の情報量は
文字情報180万字
WEBページ3,600ページ分
と、とにかく圧倒的な情報量なのです。!!

イノベーター理論(新しい商品やサービスなどの市場普及に関する理論)を見ても、 まだ、先行者利益が得られるフェーズにあると思われます。

動画はこちら

おひとりさま起業のステージアップメール講座

関連記事