開運数秘ナビゲーター・グレース千尋Official Blog

NLPと脳のプログラミング

NLPは脳の取扱説明書といわれています。

日本語では「神経言語プログラミング」と訳されています。
プログラミングというのは、特定の入力に対して、
一定の結果を返すことです。

例えばマドレーヌを食べるという体験は
形、味、香り、食感、などの五感を使って体験し、
言語化されてプログラムを作ります。

私達はまっさらな状態で生まれて、
さまざまな体験をして、プログラムを積み重ねていきます。
そしてこのプログラムの質が、幸・不幸を決めています。

プログラムは人間の生存本能に基づいて、
安心・安全を守るために「無意識」に作られます。

「意識」があるときは、言語を使って頭で思考しています。
一方の「無意識」の状態だと、言語は使っておらず、身体感覚が優位になっています。

これが「わかっちゃいるけどやめられない」原因です。
つまり、頭と身体が別のことをしたがっているのです。

決めるのは「意識」ですが、やるのは「無意識」。
そして、「無意識」は「意識」の2万倍の力があるともいわれています!!

プログラムは、強度と繰り返しによって作られます。
強烈な体験、もしくは何度も体験したことがプログラムとなります。

でもこのプログラムは、よくよくひもといてみると、
一度しか起こらないようなレアな体験だったり、
親から繰り返し植え付けられた親の価値観だったりと、
今の自分には必要のない思い込みだったりします。

NLPでは、プログラムを作ることも書き換えることもできます。
なので、不幸になるプログラムは書き換えて、
なりたい状態になるプログラムをインストールすれば
あっさり開運してしまうということになります。

関連記事

カレンダ―

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メディア