開運数秘ナビゲーター・グレース千尋Official Blog

日本神話の流れ①神話とは何か

開運と神社神様は切っても切れない関係だと思いますので、
今日からは、神話の話を書いていきたいと思います。

* * * * * *

日本の歴史が現実味を帯びてくるのは、
第33代推古天皇(在位592-628年)を中心とする飛鳥時代からといわれています。

この時代に、昭和世代には聖徳太子としておなじみの
厩戸皇子(うまやどのみこ・うまやどのおうじ)が摂政となり、
国家の基盤づくりをしたことはよく知られています。

さらに645年の大化の改新、672年の壬申の乱を経て律令制度が整備され、
710年の平城京遷都によって、天皇を中心とする中央集権国家が確立しました。

中央集権国家といっても、政府が支配していたのは近畿地方を中心とした地域で、
九州の熊襲や東国の蝦夷は支配下ではありませんでした。

* * * * * *

そんな中、「古事記」と「日本書紀」が編纂されました。

「古事記」は第40代天武天皇(在位673-686年)の詔勅によって、
稗田阿礼(ひえだのあれ)が記憶していた神話や伝説を
太安万侶(おおのやすまろ)が筆録したもので、712年に完成しました。

上・中・下巻からなり、上巻の「神代の巻」は
天地創造から神話の神々にまつわる話が書かれており、
中・下巻の「人代の巻」には、
初代神武天皇から推古天皇までの天皇の系譜や事跡などが記されています。

「日本書紀」は天武天皇の10年(682年)詔勅が下され、
720年に太安万侶らによって完成を見ました。

全30巻からなり、第1巻と第2巻は「神代の巻」
第3巻以降は神武天皇から第41代持統天皇(在位690-697年)までの
事跡を編年体の形式で書かれています。

* * * * * *

記紀編纂の目的は、中央集権国家の基盤を固めるために、
日本人のアイデンティティを確認するとともに、
確固たる国の歴史を確立することにありました。

そのため、記紀の神話には、政治的な意図が多く見られます。

つまり、大和朝廷(天皇家)の系譜が、皇祖神(こうそしん・天皇家の祖先神)
である天照大御神から連綿と続いていることを明らかにし、
大和朝廷の正当性を主張することが最大の目的でした。

そのために、政府の思惑によって脚色されてはいるのですが、
今上天皇(きんじょうてんのう)は、初代神武天皇からつづく第125代天皇
ということになっていますので、現代もその歴史の延長上に私達はいるのです。

関連記事

カレンダ―

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メディア