美と開運を自力でつかむ!

新嘗祭と勤労感謝の日

2018.11.23

今日は新嘗祭(にいなめさい)。
最重要の宮中祭祀とされ、
天皇陛下がその年に収穫された穀物を
皇居内にある神嘉殿(しんかでん)に供えられます。

五穀豊穣(ごこくほうじょう)に感謝し、
国家国民の幸せを願われます。

儀式には神前での御告文(おつげぶみ)の奏上や、
新穀を神々と食べる直会(なおらい)という
天皇しかできないご所作があるのだそうです。

全国の神社でも新嘗祭が行われます。

今では、11月23日は「勤労感謝の日」ですが、
明治6年から昭和22年までは、「新嘗祭」という祝祭日でした。

戦後、「新嘗祭」という祝日の名前はなくなってしまいましたが、
「勤労感謝の日」の本来の意味を忘れないようにしたいと思います。

関連記事

カレンダ―

2020年8月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メディア