自分の人生の主役になろう!カバラ九星®開運レッスン

直感と直観とカンと感受性


  • コラム

直感と直観とカンと感受性

最近「つながっている」とか「降りてくる」という方が多いように思います。
時代の流れなのでしょうか?
この辺の感覚を分類してみます。

インスピレーションとつながっているとはちょっと違います。
歩いていて、アイディアが降ってくるのは
インスピレーション。つまり感性。

似たような感覚にゾーンというのがあって、
スポーツ選手によく見られるのですが、
感覚器官を総合的に使った空間認識。

直感は見るように分かること。
直感を霊感だと思う人も多いと思うのだけど、
霊感と直感は違います。
直感は第一感で、心理学上は適応性無意識と呼ばれています。

直感は、情報がないと働きません。
そして、知覚外でも働きません。
気配でわかるというのは、勘(第六感)です。
勘は、本能(動物的勘)に近いです。特に危険を感じやすいです。

脳の構造でいうと、
直感は脳の上側、新皮質の左と右を
勘は脳の下側、辺縁系の左と右を
使っています。

直感は誰にでもあって、普通の人は12%くらい使っていると言われています。
鍛えることもできます。

聞こえるように、もしくは感じるようにわかるのは感受性。
なんか感じ悪いとか、あの人どうしてるかな、
と思ったら連絡がくるようなことです。

直感は見るように分かるので、詳細が説明できます。
つまり、狭くて深いもの。
それに対して感受性は聞く・感じるように分かるので、
広くてあいまいです。

ちなみに直感と直観も違います。
直観は、前頭葉が司ります。
本質、根本、根源、大元、真実が分かる力です。

こういった感覚の違いを意識していると、
それぞれの感覚に敏感になります。




Pagetop