自分の人生の主役になろう!カバラ九星®開運レッスン

運を呼ぶための19の習慣


  • コラム

運を呼ぶための19の習慣とラッキーカラー&ナンバーのすすめ

ずいぶん前の事なのですが、斎藤一人さんのお弟子さんであり、
お客様幸福度世界一を目指す会社株式会社DARIAN代表の
岡本大助さんから聞いたお話しです。

運とは何か

運がよくなれば、自分にとって必要なものが
向こうからやってくるから、成功するには、運を上げればいい。
とおっしゃいます。

ところで「運」って何なんでしょう?
運がいいとか悪いとかよくいいますけど、
運って、見えないですよね。

じゃあ一体何なのか、というと岡本さんによれば
動いたり・運んだりするものだそうです。

運って一過性のものじゃないのだそうです。
よく「運を使い果たしちゃった」とか
「ここで運は使いたくない」とか言いますけど、
けっしてそんなことはありません。

運は人の心を感動させたら与えられるもの。
人の心を動かす量=運の量

「運」はまた、自分のまわりの空気でもあるのだそうです。
だからいい空気を出していれば、いいものが寄ってくる。
*ちなみに自分の周りにピンクの空気があると思うと、9歳若返るそうです!

いい言葉を発すれば、言葉は波動だから、
体温も上がって、身体にもよいとのことです。
愚痴は毒ガスより身体に悪いとか・・・

運を呼ぶための19の習慣

1.毎朝の換気をする。
→気分がよくなると、運もよくなる

2.毎朝お香を焚く
→アロマ・お花でもよい

3.反省はせず、ツキを呼ぶ行動をひたすら行う。
→落ち込まない。「すみません」ではなく「残念ですね」と言う

4.毎日笑う。

5.靴、かばん、爪は常にぴかぴかにする。

6.勢いのある社長、運のいい人、ついている人といつも会う。

7.財布にお札は絶対折ってはいけない。

8.必ず行きつけの、絵がある喫茶店やレストランを持つ。
→とくに油絵がいい。色にはエネルギー(波長)がある。
それに、マスターと仲良くなると色々な情報が入ってくる。
情報を人からしかこない!

9.毎日着る服を前日に決める
→寝る前に翌日のことを考えワクワクする効果あり

10.毎日5分瞑想する。

11.デスクの上と引き出しを毎日片づけ、不用品を捨てる。
→書類は立てておくこと!

12.いい口癖を持つ
→「ツイてる」「ありがとう」

13.相手をほめる、相手の気分を良くする。

14.何か打ち込める趣味を持つ

15.仕事の時はオーダースーツで、それ以外の時の服に格差をつける。
→切り替えが大切

16.自分のラッキーナンバー・ラッキーカラーにこだわる

17.季節に応じて、ラッキーなアートを部屋に置く。
→季節感を大切にする

18.祈りと感動を持つ
→気分よく眠るのも大事

19.運動をする。
→歩く!

以上を毎日欠かさずすると、運がよくなるそうです。

ラッキーナンバー

ラッキーナンバーを決めておくと運が良くなるそうです。

なぜなら番号を決めておくと、何かを選択する場面(席順など)で
決断が早くなるから。

運というのは、早くオーダーしたら早く出てくるもの。
これは宇宙のしくみです。
だからものごとを早く決断するくせをつけておくとよい。

そのとき、「~かも・・・」ではだめ。
喫茶店に行って「コーヒーかも?」と注文しても
コーヒーは出てきません。

願いは叶うようにできているから、言い切ること。
ただし、大きい夢は叶うのが遅いので、待つことも大事。

あと、夢は人に伝えるのもいい。
ただ、伝える場所が重要。関係のある人に伝えること。
たとえばお金が欲しいのだったら、職場の人に伝えるとよい。

ラッキーカラー

自分のラッキーカラーを決めておくとよいそうです。
これもラッキーナンバーと同じ理由。
食べ物も、色で欲しいものを選んだりできます。

カラーは波長だから、神様に伝わる。
運を引き寄せるには、自分が何色かわかっていないとだめ。

これは住所と一緒。
神様にオーダーするときに、自分がどこのだれかを
知ってもらわないといけないのです。
だから一度決めたら変えない方がいいそうです。

色は虹の12色から選びます。
赤から始まり赤紫で終わるグラデーションです。

虹の12色

カラーは似合う色ではなく、好きな色でいい。
2つあっても大丈夫。
その場合、1つは「自分の色」、もう1つは「補色」
(自分をもっと輝かせる色)と考えます。

運命を変えるのは自分だから、カラーも自分で決めること。
もし迷うようだったら、風水で自分に必要な色もわかります。




Pagetop